読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インド ハリドワール


朝、私はジョードプルの空港からデリーへ。

デリーのインディラガンディー空港に戻る。

空港からニューデリー駅の近くのホテルへ。




デリーはやっぱり好きになれない。

騒々しい町。活気はとてもあるけれど、それだけ悪いやつも多いんだよきっとー!

殆ど写真も撮らなかった。。

撮る気になれない。笑

混沌とした町。

歩くと、声をかけてくるインド人ととてつもなく照りつける日差しに飽き飽きしてしまう。









はやく朝にならないかな。


明日は5時起き。


近所の地元の人が行くようなご飯屋さんでカレーを食べて早めに寝ようと決めた。



ホテルから近くのごはんやさん。

インド人の女の子2人組がごはんを食べている。





カレーとナンを頼む私。

しかし「チャパティチャパティ?」と聞いてくる。

「サグバターパニールとナン!」と言い放つ私。

チャパティ?」と聞く定員。ごり押しなのです。笑

それでも負けずとナンを頼んだ私。

だってチャパティはなんかちょっと薄すぎてあんまり好きになれない。笑





おいしくいただきました。










翌朝の時間を考えて、はやめに就寝。













朝。

予定通り起きてニューデリー駅へ。








聞いていたような嘘つきな駅員さんは、幸いにもおらずなんだか平和に電車に乗るわたし。












4時間ほど電車に揺られる。

インドの電車はランクがあって、エアコンつきやエアコンなし。

1AからCCなど。

驚いたのは、外国人しか乗れない席や警察官しか駄目な席、軍隊の人しか乗れない席があるということ。

インドの昔を考えると、本当に恐ろしい事だらけだ。








そしてハリドワールへ。

ハリドワールはヒンドゥー教の聖地の1つであるそうだ。


中でもガンガーのある橋。ハリキパイリーへ行く事に。




2km。

歩くか。。。


しかし、、、、暑い!!!!!




という事で、人力車に乗る事にした私。

20ルピーで連れて行ってくれるそうだし。(40円)






と、、、思った私がおばかでした。

この後、訳の分からないところに連れて行かれて

「1分でいいから一緒に来て!!」

と言って聞かない運転手。


断るわたし。


聞かない運転手。


言い合う事5分。。。。

なんとかのがれたものの、その後も多額の金額を要求してきた運転手。




インドでこんなに怒りのスイッチが入るとは。。。

インドでキレたわたし。笑






こんなやり取りを2かいも経験してしまったハリドワール。
















そして、肝心のハリキ、パイリー。





















人、人、人。。。。。


インドの人口が世界第2位だということを思い出させる人の数。笑







ここは聖地。

くつを脱がなくてはなりませんでした。




インドは38度。

アスファルトが熱い。フライパンみたいになってる。笑








ガンガーが聖地だと言われても、

日本人であり無宗教のわたしには、汚い川にしかみえない。笑


こんな事言ったらおこられるかな?笑











きれいだったのは、人々が身に纏うサリーの鮮やかな色くらいで


きれいだときいていた、ハリドワールのガンガーとは少し違って見えた景色。笑










ここから先は、バスに乗ってヨガの聖地であるリシケシへ向かいます。