読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北海道へ


わたしの遅めの夏休み、メインイベントは北海道へ行く事。

東京も大好きなんだけど、たまの田舎街がどうしても魅力的に思えるのです。

だからやっぱり、長期休暇は旅をしたいのだよね。




行きの東京の空模様は最悪。

前日に名古屋では大雨の影響で新幹線が止まっていたくらい、そんな雲が東にやってきたんだよきっと。




飛行機、遅れる事1時間。

いや1時間で済んでよかった。それくらいの大雨だったの。

こんな時、1人旅だと不安でたまらなくなる。笑






そして、離陸。さよなら、東京。

上空の青空に、心も落ち着く。











今回の旅のお供の3冊の本。

その1冊のヘミングウェイの本は、ゲバラカストロも好きだったそう。

老人と海」を読みながら、目指すは新千歳空港だよ。笑






新千歳空港から小樽まで。














広い。

道と空が広い。















そして小樽から昆布へと行こうとしたのですが、

なんせ飛行機の1時間遅れがここでひびきましたね。



小樽ー昆布への、乗り継ぎ予定の電車に間に合わなかったの。。。

小樽から昆布までの電車が、1時間に1本もないことなんて都会育ち(どちらかというと、、笑)のわたしには考えられない。しかしこれが現実。笑


次の電車は4時間後?え?笑


仕方ないから小樽で、海鮮丼でも食べようかしら?








ということで、、、

おいしーーーーー^^^^^^^^^









さすがは北海道。

もう、さすがだよ。

おいしかったな。。。また食べたい、、、、








そしてちゃっかり、運河も見てきたよ。





ここがそうなのね。


運河沿いに、びっくりドンキーらしきものがあったのには驚いたけど笑

なかなか素敵なところですこと。

観光の方々もたくさんいました。










なんやかんやしている間に、どんどん時間は過ぎていきまして

函館本線長万部行きへ乗る。(これで、おしゃまんべ って読むんだよ。かわいい。笑)











なーんてレトロな電車なのかしら。

かわいい。

やばい、鉄子の血が騒ぎ始める。笑

や、ちょっとね。ちょっとだけ好きなんだよねー。単線とか。笑

メトロとかじゃなくって、こういう田舎のね。笑






そして更に2時間半くらいかな?

電車にゆらゆら揺られ。。。。








昆布ステーションへ到着。

昆布駅 ってなんてかわいい名前の駅なんだろう。

いいだしもとれそうでし、おいしそう。。笑


ほぼ、駅の名前のかわいさで決めた今回の宿。笑

昆布温泉っていうのもあるみたいだし、なんか肌とかもツルツルになりそうでしょ?

そう思って、この駅に決めたの。笑

ふふふ。












到着したのは夜21時半。

なんとか宿に辿り着けた。駅周辺でも真っ暗なんだもの。笑



ヘトヘトでやっと入った昆布温泉

夜も遅いし、わたしの貸し切り。よっしゃと思って、いい大人なのにちょっと泳いだりした笑。

きもちよかったよー^^^







そして部屋で、ここぞとばかりのサッポロビール





ひゃー、おいしい。笑










ひとけがなくて、当然有るであろうと思うものもなくて

夜中も周りに何もないんじゃないかと思うくらい暗くて、びっくりするくらい周りに何も見えなくて。。

でも空気がすごく澄んでて、少し曇っていたのに星がたくさん見えて。




明日はどんないい景色が見れるんだろうか、と

そんな事を思いながら、ビールを飲むという初日の夜。

よかったです。笑

んーいいね。






またまだ続きます。。。