読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレートギャツビー

昨日はお休み頂いていたのですが、雨。。

それも大雨。。




ディズニーランドに興味を示す事なんて、滅多にないわたしが

こんなにもディズニーランドに行きたいと思っている時に限って、雨。。。笑

やはりミッキーにご縁はないのかな。来週リトライするもん。





で、気を取り直して。



折角のお休みは絶対楽しみたいのですよ、わたし。みんなそうだと思うけど。






そしてまたもや映画へ行きました。

雨の日は映画よね^^








華麗なるギャツビー」を観てきました。






原作はフィッツジェラルドの「グレートギャツビー」。



わたしは確か高校生くらいの時に、はじめて原作を読んだのよね^^

でも高校生の頃なんて遥か昔な訳で。

実際どんな話だったかなんて半分忘れてたのよね。笑









豪邸での大富豪の話。。それくらいで。笑

何が起こったのかとか、映画を見ながらなんとなく思い出したり。




でも、日本語訳とかも捉え方とかも人それぞれ違うのだろうし

冒頭の文章から、わたしが読んだ本とは少し違った。




「人のいい面を見るようにしなさい」と映画では確かあったけど、

本では「周りの人はみな、あなたと同じ様に恵まれた人ばかりでない事を知りなさい」



みたいなそんな感じだったような。ちがうかな?笑





だから、なんか自分が10年前に読んだ記憶との一致があったりしたけど

意外となんか、思っていたかんじとは少し違っていて。


パーティのシーンとか、映画はなかなかすごくって、こんなかんじだっけ?とか思ったり。笑






人なんて、勝手な生き物ですしね。笑

勝手な思い込みが先入しすぎて、そんな事を思いながら。。。。







でも素敵でした^^ディカプリオはやはりすごい人なのだねー



存在感。










レオ様ブームの来た小学生の頃、

幼なじみの女の子が、ロードショウ(雑誌のね。)に載っているレオ様を何回も見せてくれた、そんな記憶。笑



もうそんな美しい少年ではもちろんないけど、かっこよいですね。






キャリーマリガンもかわいかったー^^










やはり、人って何でもやりすぎとか持ち過ぎはよくないのね。









でも素敵でした。















文章から広がる世界が、想像しすぎてがっかりしてしまうなんて当たり前だと思うけれど、

小説も是非^^

わたしもきっと忘れてるから、読み返そう。笑