読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近観た映画

最近観た映画。







「大いなる沈黙へ」

フランスにある、最も厳格と言われている男の人の修道院。

そのドキュメンタリー映画。


撮影の許可がおりるまで、10年以上かかったと言われるこの映画。

監督1人しか、修道院の中に入る事を許可されなかったらしい。


ドキュメンタリーとの前情報から

この映画がどんなものであるのかは想像がつきますよね。

2時間半〜3時間弱くらいのこの映画の上映中、

寝息が聞こえることもしばしば。笑

その理由も分かります。

彼らの毎日の生活が、そこには描かれています。

単調でありすぎるし、自分と向き合う時間が長過ぎる。(他人との会話は週に4時間程しか許されません。)

音楽もついていない映画なので、聞こえるのは生活の音のみ。

そして、途中、何度も同じメッセージが流れます。

映画をみているのに、何だか自分も修行しているようなそんな気分になりました。



毎日の自分の生活が、一体何なのかも分からなくなる。

でも何だか、リセットされたようなそんな気持ちになりました。

なかなかストイックではありますが、観て良かったと思いました。^^










そして





「365日のシンプルライフ」






自分の持ち物は全て倉庫に預ける。

1日1つだけ、その倉庫から持ち出しても良い。

モノを買わない。

これを1年間続ける。





というルールに基づいて生活をする上での気持ちの変化を描いた映画。

これもおもしろかったです。

そうなると、どうなるのか。。。

全く想像がつかない訳でもないですが。







自分の仕事はどちらかというと、「暮らすのに必要」ではあるけれど

究極言えば、必要はない(セルフカットとかもできるもんね)お仕事で、

「暮らしていくのをより楽しくする」ことに携わるお仕事

だと思うので、上2つの映画みたいな

究極シンプルな生活とは少し結びつかないかもしれないですが



大切にしないといけないこととか

周りの欲にうもれて、見えなくなってしまいそうな事とか

そんな事を考える時間はとっても大切だと思うし、きっと多くの人がそう思っているからこそ

こういう映画をつくる人がいたりするんだろうなぁ。





これからきっと、もっともっと便利になって

いいものが沢山できたり

ほんとによかったものがよくなくなっちゃったりするんだろうし

なかなか10年後も、ひっくりかえるような世の中になっていそうだけど

自分の大切にしたいことは

少しくらい頑固に守る方が、素敵な人になれそうだなとか。




そんなこんなを、観終わった後に考えていました。







何を言っているか、よくわからなくなってきましたが。笑


観て良かったので、おすすめです。

とくに、大いなる沈黙へは体力、精神力つかう価値ありです。