読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマダブモンクスとスズキタカユキによる音と布と光のサーカス


昨日は原宿vacantにて、

CINEMA dub MONKSとsuzuki takayukiによる音と布と光のサーカスへ行ってきました。




事前にwebページを予習。

今回の公演では、音、布、光だけで空間を作り上げる、と。


物語音楽家と、裁縫師による即興舞台。そこに絡まる光。
新しいサーカスなのか/演劇なのか/何かよく解らないが新しい舞台芸能が生まれる匂いがする、と。


何だか分からないんだけど少しの想像と、ワクワクかん。





開場時間とほぼ同時。はやめにいってよかった。


一番前の席に、3人並んで座れました。(マイカナといったの)

ラッキーね^^







そして、はじまる。







ふいにじわっと暗くなる照明、

そしてスズキタカユキさんが布を切るところからはじまりました。





ちなみにこの公演は撮影、録音OKだったので

夢中になりながらも、確とその瞬間をiPhoneちゃんにおさめてきました。






そして、シネマダブモンクスさんの演奏もはじまる。








お二人が奏でる音と、布を縫うミシンの音、布を切るハサミの音。










音に、夢中になりながら

この後どうなるのかのわくわく。いやでも、どちらかというとその光景に夢中になって。









、、、そしてしばしの休憩。

そう、2部構成になっていました。










ビール飲みながら、周りを見渡す。素敵な公演には、素敵な人達が来てるものだわ。









そして、またはじまり。








布を演奏する二人に、着せていく。


色んな素材、裂かれて形の違うもの、、、


どんどん、どんどん変わっていきました。


















照明もすごく素敵でした。















こんなかんじ。すごくかっこよかった。


でも画質めちゃ悪いですねこれ。笑 すみませぬ。。。


もちろん生はもっとすごいんだよ!











後半、スズキタカユキさんが付けた布たちをどんどんハサミで削いでいっていて。。。

どんどん、かっこよくなっていきました。

ほんと、その音と形と音楽とに目が離せなかった。














"削ぎ落されることによって、本質が見える。"(スズキタカユキ)


って、webページにそういえば載ってあったなって。

思い出しました。

まさしく。














終盤、スズキタカユキさんが即興で布でつくった物を

お客さんの手や、首や、色々なところにつけていって。。






会場の前列は素敵なかんじになっていったのですが、






一番前に座っていた、わたしとマイは

なんと、即興でお洋服をつくってもらいました!







わたし。










マイには大きなヘッドドレスも!









一番前に座って、

こんなかっこいい音楽、かっこいい公演を間近で見る事が出来て

その上、こんな素敵な公演にすこし参加出来て





よかったです。

はやくいってよかったな。笑








最後に一緒に写真撮って頂いた。









へへへ。










このままCODEまで帰って、よくよくお洋服をみても素敵でした。



パシャリ。









かっこいい音楽、布、光。



素敵でした。









どうやら、今夜も公演があるそうです。

あ、もうあと3時間くらいではじまっちゃうけど、、、、笑



是非、おすすめです!